News

116月 2014

お久し振りです。
こちらのブログまで、中々更新できなくなってます。
主に日常の出来事は、 Shoreline Weblog に綴っておりますので、興味の有る方はそちらを見てみてください。

本題のfirefoxのウィンドウ問題です。
前々から、 Firefox のウィンドウが勝手にフォーカスされて気になっていたのですが調べてみると原因は、Flashだったことが判明。
参考はこちら Firefoxのウィンドウが勝手に切り替わる問題の解決法 です。
なんとまたしても原因は、Flashだったという結末。
ブラウザのリソースを食いつぶしてみたり、お金をかけてホームページに Flash を入れたところで、利用者からは嫌われ、スマホのブラウザでは、一般ユーザーは再生できないと言う百害あって一利無しのFlashです。
まともな知識のあるホームページ運営者は、もはや使わなくなっている Flash ですが、中には未だそのような事実を知らない方もおられるので、グーグルで調べてみるといいと思います。

そして、肝心の Firefox のウィンドウが勝手にフォーカスしてしまうのを止める方法ですが、 Firefox 29 でしたら簡単です。
ツール>アドオン (ctrl+shift+A)にてプラグインマネージャーを開き
プラグインタブを選択して
SHockwave Flash の右側のプルダウンから「実行時に確認する」
firefox プラグイン設定
を選択しておけば、必要なFlashしか読み込めなくなり勝手にフォーカスも防げるようになります。
お試しあれ。

299月 2013

サーバー移行を多数手伝わせていただいておりますが、先日お手伝いさせていただいた案件でのお話。

レンタルザーバー概要図

レンタルザーバー概要図

運用中のレンタルサーバーが、アクセス数アップや容量不足などから移行(レンタルサーバーお引っ越し)する場合、
移行先の選定で現状レンタルサーバーより

  • 多くのアクセスに耐えられるか
  • データベースの環境
  • 収容容量
  • サーバーメモリー数

等々サーバースペック上のみに目がいってしまいがちですが、大事な運用上のスペックが抜けてしまう場合があります。

昨今は、Wordpressなどの脆弱性を突いた海外からの大規模攻撃などがあらゆるところで起こっております。
そんな事が起こった場合、どこからでもサーバーに素早くアクセスして対応をしなければなりません。
また、日々のメンテナンスなどでも簡単な操作でデータベースのバックアップやリストアをやりたいと言うことがあります。
それらのことを実現できるのが SSH と言うコマンドを使った遠隔操作です。

昔は、セキュリティ対策等の面から導入されていない会社がありましたが、現在は、セキュリティ対策もされほとんどのレンタルサーバー会社では、SSHを利用できるようになっております。
大きなデータでも圧縮した物をアップロードして展開と言ったことも簡単にできFTPを使った場合などとかかる時間も半分以下のことも有ります。
また、ファイルもパーミッションなども一気に大量に処理できます。
データベースのデータも容量に関係なくリストアやバックアップも取れます。
これかなり重要で、コマンドが使えない場合 phpMyadmin と言うサーバー管理ソフトを使う場合、大概扱えるデータに制限が有り大きなバックアップデータは使えず漏れなどがある場合も出てきます。
当然移行の時は、タイムラグが生じ差分を差し替えなければならない場合など、 phpMyadmin での操作では時間もかかり漏れのリスクも生じます。
これらの事柄は、運用上のことなのでなかなか選定者にはわからない場合があります。
Linuxの有用実績があれば、SSHが使えないサーバーなどはとうてい選びません。

ですが、先日 SIXCORE と言うレンタルサーバーへの移行を行った際、なんと驚いたことに SSH が使えないと言うことでした。
調べてみるとアフィリエイトをやっているブロガーさんに人気のレンタルサーバー会社のようでした。
なるほどと思いました。無料ブログから入った方が多いので、当然SSH等使えるわけも無く phpMyadmin のみの操作でもできるわけです。

企業利用の場合は、アフィリエイターでは無いので上記点も考慮した方がいいと思います。
レンタルサーバーの乗り換え相談もお気軽にお問い合わせ下さい

138月 2013

今日のニュースで

アメーバ、不正ログイン24万件超 メアドなど流出の恐れ

2013.8.13 10:22

インターネット関連事業大手のサイバーエージェントは12日、会員制のブログサービス「Ameba(アメーバ)」で24万3266件の不正ログインがあり、登録会員のメールアドレスや生年月日などが流出した恐れがあるとサイト上で発表した。
from MSN産経ニュース
と報道されておりました。

Amebaのブログには、

弊社が運営する「Ameba」にて、登録されたお客さまご本人以外の第三者による不正なログインが発生していたことを確認いたしました。不正ログインが発生していた期間は、2013年4月6日(土)~2013年8月3日(土)の間で、不正ログインの対象となったIDは、243,266件となります。

■不正ログイン概要
2013年4月1日(月)~8月8日(木)の期間を対象に弊社内で調査を実施した結果、以下の不正ログイン状況を確認いたしました。
<期間>    2013年4月6日(土)~2013年8月3日(土)
<件数>    243,266件     ※現在、調査中のため、件数が増減する可能性があります。

と書かれております。
よく見て下さい、2013年4月6日からなんと約4ヵ月もの間、不正アクセスに気がつかないなんて普通の会社ではあり得ません。
ましてや、IT関連企業なのにです。
まあでも、無料で提供されているサービスなので利用者の方もそんなに強くは言えないと踏んでいたのかもしれません。

まさかとは思いますが、商売で無料ブログなんて使っていませんよね?
そもそも、無料とはいえ広告が入り使い勝手も悪いのに無料という理由だけで使っているとしたら危ないです。
今やレンタルサーバーを借りてもたかだか月額315円程で運用できますし、Wordpress出さえ自動インストールされたりします。
まともなお客様が、その315円も経費として出せないお店から物を買うでしょうか?
無料ブログのおかげでイメージダウンになりかねません。

これを機にまだ無料ブログで運用している方は、検討した方がいいのではないでしょうか。

Shorelineプログラム作成所
では、レンタルサーバーから運用までお力になりますのでお気軽にお問い合わせ下さい