WordPress のテーマのお話です。
通常のテーマですとスマートフォンで表示した場合、うまく画面に幅が合わず表示が崩れたりする場合がありました。
そこで、スマートフォンの場合はスマートフォン用のテーマに切り替える事が出来る無料のプラグイン WP Touch と言う物がもてはやされています。

Wordpress プラグイン WP touch

しかし、無料のプラグインを入れるだけで使えると言ったお手軽さ故に多くのサイトで採用されることに。
すると、どのサイトを見てもデフォルトのままもしくは、背景色を変える程度で使われることもありデザインが全く同じと言うことが起こっております。

ただ、最近ではタブレット端末なども普及し始め WP touch だけでのカバーも難しい状況になってきております。
そんな状況を打破するものとして Responsive (レスポンシブル)デザインのサイト作りというのが求められ始めました。
Responsive WordPress Theme
Responsive (レスポンシブル)デザインと言うのは、簡単に言ったしまいますと画面サイズに合わせて表示を自由に伸縮させて表示させるデザインです。
ですので、3ヵ月ごと量産される画面サイズもばらばらなスマートフォンからタブレット端末、PC表示まで1つのデザインで対応できるというメリットがあります。
デザインも通常のサイトデザインのまま伸縮させますので WPTouch の様な画一化された表示になることも無く、また、画像サイズなどにも気を遣わなくていいので更新も楽になります。

そんな Responsive (レスポンシブル)デザインのテーマにしてみました。

こちら、 Shoreline Weblog
Responsive レスポンシブルデザインページPC表示

Responsive レスポンシブルデザインページ

Responsive レスポンシブルデザインページスマートフォン表示

Responsive レスポンシブルデザインページ
アドワーズ広告もパソコンとスマートフォンで表示サイズを分けて表示させております。
Shoreline プログラム作成所では、Wordpress のレスポンシブルデザイン対応テーマファイルの作成も対応できますのでお気軽にお問い合わせください。
息の長い枯れないサイト制作に実績があります。
お問い合わせはこちら http://shoreline.jp/contact.html まで。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です